premium

外注ライターについて (雇うタイミングと方法・考え方)

 

 

外注ライターを雇うメリット

・記事作成以外に自分が使える時間が増える

・上手くいけばさらに収入を増やせる

 

外注ライターを雇うデメリット

・外注ライターを教育するのにも手間がかかる

→全員がクオリティーの高い記事をかけるわけではない

最初はネタ・キーワード選定、タイトル・見出しの指定など、自分でしじしなければいけないことも多く、それなりに時間もかかる。

ある程度ライターさんが出来るようになったら報酬額をUPして任せることを増やしていくと、自分がやる仕事を減らせる。

しかしライターさんがすぐにやめてしまう可能性もあり、募集して教育して・・を繰り返すことになる場合も。

 

・赤字になってしまう可能性もある

 

外注ライターを雇うタイミング

・自分で月収10万円以上稼げるようになってから

 

自分がよく分かっていないとライターさんに教えられない

→赤字になるリスクが高い。

 

外注ライターを雇う方法

・身近な人に頼んでみる

・SNSで呼びかける

・求人サイトで募集する(シュフティ・クラウドワークス)

 

外注ライターの単価目安

トレンドサイトの外注は、平均1000文字400円程度。

(初心者ライターにお願いする場合)

 

一度やってみるのはオススメ

自分が外注するのが合っているかどうかは、やってみないと分からない。

やってみて上手くいけば続けて、上手くいかなければやめる。

 

 

以下の記事も合わせて参考にしてみてください^^

外注ライターにワードプレスで記事作成してもらう方法!寄稿者or投稿者がオススメ

寄稿者・投稿者のYouTube/インスタ/ツイッターの埋め込みや画像アップロード方法【ワードプレス】